アンディオールの改善例 佐々木美香さん(バレエ歴20年・40代)

*ご本人の許可を頂いた場合のみ掲載しております。

東京都在住:佐々木美香さん 
ご職業:ライター バレエ歴20年(40代・女性)

アンディオール改善(ターンアウトの可動域を拡大)

調整の期間

28日間

平均の来店頻度

週1回

一回の調整時間

60分前後

ビフォー&アフター

※ 施術の効果には個人差があり成果を保証するものではありません。

右・股関節屈曲位

アンディオール改善(ターンアウトの可動域を拡大)

以下、改善例の詳細↓

9月26日:before(股関節屈曲位)
アンディオール改善(ターンアウトの可動域を拡大)

9月26日:after
アンディオール改善(ターンアウトの可動域を拡大)

10月03日:after
アンディオール改善(ターンアウトの可動域を拡大)


10月10日:after
アンディオール改善(ターンアウトの可動域を拡大)

10月17日:after
アンディオール改善(ターンアウトの可動域を拡大)

10月24日:after
アンディオール改善(ターンアウトの可動域を拡大)

※ before&afterの調整日は来店当時の日付を掲載しております。

クライアントの声

東京都在住:佐々木美香さん 
ご職業:ライター バレエ歴20年(40代・女性)

とにかくもう感動しすぎて何から話したらいいのか、
20代でバレエを始めて今年でちょうど20年。
なかなか体が柔らかくならないし限界なのかと思っていました。

5年目の頃、リンバリングをしていて、
右足お尻側の付け根を痛めてしまいました。
その痛みだけがずっと残っていて、
右足を大きく動かす時の抵抗になっていました。

もともと右はイン気味で、
痛みとともに改善が難しく動作の左右差が大きく、
軸もねじれてしまいました。もう40代ですし、
このまま一生改善しないのかなとあきらめていたんです。ここへ来るまでは!

私は金曜に施術を受け、土~火曜でほぼ毎日、
さらに木曜もレッスンを受けています。
初回、金曜に先生の施術を受けて、翌日土曜日。
痛かった右足がなんともありません!!
さらに翌日の日曜、おそるおそる右足をリンバリングで上げてみたら
やっぱり痛くない!

ところが月曜になりましたら、
経験したことのない場所に筋肉痛が発生。
月曜はレッスンに行けなくなるほどでした。

今まで使えていなかった部分が使えるようになったので
こんなことになったのですね。
この感動を大人のみなさまにもぜひ!というか紙面が足りません。メールします。

※ お客様ご本人の感想です。施術の効果には個人差があります。

調整担当者からのコメント

佐々木さんの改善例は、
ご自身でも熱心にセルフケアを実施して頂いたおかげで
計画通りに調整を進めることができました。

大人の方で、おおよそ週1回の来店ペースで
可動域がこれだけ改善するためには整体による調整のみならず、

当方でお伝えしたセルフケアも
ご自身で着実に実施をしていただく必要がございます。

また筋肉痛に関してはトレーニング後に
回復過程で出る症状ですので、
お伝えしたセルフケアを継続しながら休養を取ることで、
徐々に回復へ向われると思います。

今後、踊りの中で更に可動域を広く使うためには、
ストレッチで伸ばした筋肉を強化していく必要がありますので、

お伝えした3段階のアプローチより
継続的に身体作りを行うようにしてください。

アンディオール、甲だしのお悩みをメールで学びたい方へ
只今、バレエ上達のための無料メルマガ(30日間講座)配信中↓


トップへ戻る