アンディオールの改善例 K.Mさん(バレエ歴 7年・15歳)

*ご本人の許可を頂いた場合のみ掲載しております。

東京都在住:K.Mさん 
ご職業:高校生 バレエ歴7年(15歳・女性)

バレエ整体・アンディオールの改善例

調整に費やした期間

31日間

平均の来店頻度

週1回

一回の調整時間

65分前後

ビフォー&アフター

※ 施術の効果には個人差があり成果を保証するものではありません。

左・股関節屈曲位 

バレエ整体・アンディオールの改善例

右・股関節屈曲位 

バレエ整体・アンディオールの改善例

以下、改善例の詳細↓

12月27日:before(股関節屈曲位)
バレエ整体・アンディオールの改善例

12月27日:after 
バレエ整体・アンディオールの改善例

01月07日:after 
バレエ整体・アンディオールの改善例


01月14日:after 
バレエ整体・アンディオールの改善例

01月21日:after 
バレエ整体・アンディオールの改善例

01月28日:after 
バレエ整体・アンディオールの改善例

※ before&afterの調整日は来店当時の日付を掲載しております。

左・股関節伸展位 

バレエ整体・アンディオールの改善例

右・股関節伸展位 

バレエ整体・アンディオールの改善例

以下、改善例の詳細↓

12月27日:before(股関節伸展位)
バレエ整体・アンディオールの改善例

12月27日:after 
バレエ整体・アンディオールの改善例

01月07日:after 
バレエ整体・アンディオールの改善例


01月14日:after 
バレエ整体・アンディオールの改善例

01月21日:after 
バレエ整体・アンディオールの改善例

01月28日:after
バレエ整体・アンディオールの改善例

※ before&afterの調整日は来店当時の日付を掲載しております。

クライアントの声

神奈川県在住:K.Mさん  
ご職業:高校生 バレエ歴7年(15歳・女性)

私はターンアウトが苦手で、
間違ったターンアウトのやり方で外腿の筋肉が
発達してしまいました。

そのことに気付いてから、
どうやってターンアウトをすれば良いのかわからず悩んでいました。

そこで南部先生に教えていただいたことで、
自分の身体の弱い部分がどこなのかよく知ることができました。

床に寝そべりながら筋トレすることで、
重力に抵抗することなく必要な部分だけを鍛えれて、
レッスンで使いたい筋肉の意識がしやすくなりました。

今までインターネットの情報だけでターンアウトに
必要な筋肉のイメージをしていましたが、

結局何が正解なのか、この感覚であっているのかと
悩みながらだったので長続きしませんでした。

しかし、今回のトレーニングでは
必要な筋肉をピンポイントで感じ取ることができました。

その時の感覚を思い出しながら踊ることで
以前は何が正解なのかわからない状態でしたが、

意識したい部分がもうわかっているので、
感覚に近づけていくという目標が生まれ悩むことがなくなりました。

鍛えなきゃいけないところを知ることができたので、
これからも続けていきたいと思いました。

ありがとうございました。 

※お客様ご本人の感想です。施術の効果には個人差があります。

調整担当者からのコメント

バットマンタンジュで
綺麗に伸びる甲につま先、

またターンアウトの
可動域は十分にありましたので、

今後はデヴェロッペのキープ力に必要な
下腹や体幹のコントロール力、

そして今回の調整では多くの時間を費やすことが出来なかった
背部の筋肉もバランス良く強化することで、
更にセンターでは安定して踊れる様になると思います。

本来、可動性が必要な足首や股関節などは
蓄積疲労やメンテナンスが滞ることで可動域は低下し、

やがて安定性の役割を担う膝にも負担はかけやすくなりますので、

今後も身体作りのトレーニングのみならず、
日々のケアは忘れず実施するよう心掛けてください。

この度は、全5回に渡る来店をご苦労様でした。

アンディオール、甲だしのお悩みをメールで学びたい方へ
只今、バレエ上達のための無料メルマガ(30日間講座)配信中↓


トップへ戻る