アンディオールの改善例 山本文江さん(バレエ歴8年・60歳)

*ご本人の許可を頂いた場合のみ掲載しております。

東京都在住:山本文江さん 
ご職業:会社員 バレエ歴8年(60歳・女性)

調整の期間

18日間

平均の来店頻度

週1回

一回の調整時間

60分前後

ビフォー&アフター

※ 施術の効果には個人差があり成果を保証するものではありません。

右・股関節伸展位

以下、改善例の詳細↓

9月29日:before(股関節伸展位)

9月29日:after

10月10日:before


10月10日:after

10月17日:before

10月17日:after

※ before&afterの調整日は来店当時の日付を掲載しております。

※ 上記改善例は全5回分のうち3回分の改善例を紹介しております。

クライアントの声

東京都在住:山本文江さん 
ご職業:会社員 バレエ歴8年(60歳・女性)

50代前半でバレエを始め、10月で還暦を迎えました。
小さい頃からバレエをやっている方でいうと
10歳くらいでしょうか(^_^)v 

指導者にも恵まれポアントや
男性とのアダージオ等々、色々なことに挑戦させていただいてます。
但し、ある程度固まってしまう骨格や
関節の可動域は10代の比ではありません。

10代の方のようなのびのびと
優雅なアラベスクに少しでも近づきたく調整していただいてます。

数か月前に膝を痛めてしまい
股関節の左右バランスが悪いのは漠然と分かっていたものの
実際に計測値と写真にて施術のビフォーアフターの違いを具体的に見せていただき、
左右差にビックリ!でも施術後に簡単に揃ってしまうのに2度ビックリ!

簡単に治せるということは
日常生活の癖などで元に戻るのも早いという事!
一時しのぎの修正で終わらぬよう
改善の為の可動域制限箇所のストレッチ方法、
弱い部分を補う強化法を毎回丁寧に教えていただきました。

可動域が広がれば足が高く上がると安易に考えていましたが、
実際はインナーマッスルを鍛え、しっかりした軸を作ることにより、
足が高く上がることを実感しました。

今後も教えていただいた事を活かして、
無理なく無駄のない体の使い方で末永くバレエを楽しみたいと思っています。

※ お客様ご本人の感想です。施術の効果には個人差があります。

調整担当者からのコメント

週1回の来店をご苦労様でした。

山本さんは改善例を見ても分かる通り
骨格的な問題による可動域制限はございませんので、
調整後も継続してお伝えした身体作りを実施することで、

更に踊りやすい身体はもちろん、
求めているアラベスクの形も完成されると思います。

今後も無理なく日々のレッスンを大切に、
充実したバレエ生活を送っていただくにあたり
お伝えしたホームワークは継続して実施していってください。

アンディオール、甲だしのお悩みをメールで学びたい方へ
只今、バレエ上達のための無料メルマガ(30日間講座)配信中↓



トップへ戻る