甲だしの改善例 I.Mさん(バレエ歴6年・14歳)

*ご本人の許可を頂いた場合のみ掲載しております。

千葉県在住:I.Mさん 
ご職業:中学生 バレエ歴6年(14歳・女性)

バレエ整体・甲だし調整

バレエ整体・甲だし調整

調整の期間

50日間

平均の来店頻度

月2~3回程度

一回の調整時間

60分前後

ビフォー&アフター

※ 施術の効果には個人差があり成果を保証するものではありません。

8月07日:before
バレエ整体・甲だし調整

8月07日:after
バレエ整体・甲だし調整

8月14日:after
バレエ整体・甲だし調整


8月31日:after
バレエ整体・甲だし調整

9月21日:after
バレエ整体・甲だし調整

9月27日:after
バレエ整体・甲だし調整

※ before&afterの調整日は来店当時の日付を掲載しております。

クライアントの声

千葉県在住:I.Mさん 
ご職業:中学生 バレエ歴6年(14歳・女性)

私は比較的、他の人よりも甲が伸びなくて、
甲だし用のフットストレッチヤーなどを使っても、
あまり効果が得られず、あきらめていました。

しかし、あすかさんのHPの施術効果を見て、
もしかしたら、まだ私にも可能性はあるのでは?
と思い、ダメ元で施術を受けてみました。

すると、予想以上に自分の甲がのび、
本当に自分の足か?と思ったほどでした。

施術の時にも、整体が初めての私でも、とても安心してできました。
これからも、自分のなっとくのいくような甲を目指して
通いながら頑張りたいと思います。

※お客様ご本人の感想です。施術の効果には個人差があります。

調整担当者からのコメント

調整前の検査ではバーの時、
1番ポジションでルルベやプリエを行う際に骨盤前傾と
大腿骨の内旋(ターンイン)がセットになっていました。

骨盤前傾と大腿骨のターンインは
セットになるとルルベを行う際も重心が外側へズレやすく、
また足首の可動域も制限されやすくなります。

ポワントワークはバレエシューズ以上に
上体の引き上げとターンアウトが要求されますので、
今後は股関節をしっかり伸ばして立てるように、

甲だし調整(セルフケア)はもちろん
弱い体幹機能を向上させるトレーニングも含め、
引き上げに使う腹部や股関節、また背部も同時に強化し、

正しいポジションでターンアウトできる
身体づくりを継続的に実施していってください。

この度は、全5回に渡る調整の来店をご苦労様でした。

アンディオール、甲だしのお悩みをメールで学びたい方へ
只今、バレエ上達のための無料メルマガ(30日間講座)配信中↓


トップへ戻る