施術の改善例:K.Aさん 中学1年生(バレエ歴10年:プロ志望)

*ご本人の許可を頂いた場合のみ掲載しております。

東京都在住:K.Aさん 
ご職業:中学生 バレエ歴10年(13歳・女性)

抱えているお悩み

① 左足に比べ右足の甲がでない
② ポアントで甲が出なく立ちきれない
③ ドゥバンに上げた脚がかま足になりやすい

【ビフォー&アフター】

※ 施術の効果には個人差があり成果を保証するものではありません。

6番ポジション

7月30日:施術前

8月10日:施術前

8月10日:施術後

バットマン・タンジュ

7月30日:施術前

7月30日:施術後

8月10日:施術前


8月10日:施術後

※ before&afterの調整日は来店当時の日付を掲載しております。

ポジション別の調整で、
骨盤帯がニュートラルな位置に
セットされると、

軸脚の安定性は向上し
タンジュの動脚も正しいポジションから、

太もも内外側でバランスをとり
正しい位置に出せるようになります。

甲だし調整

7月30日:施術前

7月30日:施術後

8月10日:施術前


8月10日:施術後

※ before&afterの調整日は来店当時の日付を掲載しております。

クライアントの声

東京都在住:K.Aさん  
ご職業:中学生 バレエ歴10年(13歳・女性)

これまでは1番も6番も、
両脚は付いたことはなかったので、

今回の調整で体の仕組みや
内転筋の使い方等を含め良く理解することができました。

今後はバレエの道で
プロを目指したいので、がんばります。

※お客様ご本人の感想です。施術の効果には個人差があります。

調整担当者からのコメント

6番や1番で重心が修正されると、

重力に抵抗するエネルギーは途中で逃げず
また床もしっかり押せるので、

バランス力はもちろん、
細かなつま先を伸ばす筋肉もレッスンで
強化できるようになります。

今回ご紹介した中学生のK.Aちゃんは、
甲は出ているしポアントワークに必要な身体作りも
できているので、

バレエに必要な
身体作りは極力レッスンの中で、

またレッスンだけで足りない部分は、
各種トレーニングによって補う必要があることを
アドバイスさせて頂きました。

アンディオール、甲だしのお悩みをメールで学びたい方へ
只今、バレエ上達のための無料メルマガ(30日間講座)配信中↓



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る