アン・オーに上げる時、肩が上がるお悩み!

夏休みのコンクールシーズンになると、

バレエ整体院あすかには
地方からも多くの小中学生にご利用を頂いてます。

そんな子供達に多いお悩みで
肩が上がる問題を最近は良く聞きます。

肩が上がる問題は、
呼吸を含め「力み」からくる緊張など、

考えられる原因は幾つかありますが、

ちょっとした身体の使い方で
修正できることもありますので、

今回はアン・オーで肩が上がる問題の
解決策を紹介したいと思います。

肩が上がる、上がらない、
を決める要素は「肩甲骨の位置」があります。

肩が上がるのは肩甲骨の位置による


アームスを下ろした状態の肩甲骨の位置

肩甲骨は肋骨の上に
乗っている形で付いていますが、

例えばアームスを水平方向に上げていくと、
肩甲骨は外側へ逃げていきます。

外側に逃げたまま
アームスを更に上げていくと、

イラストのように
一緒に肩甲骨も上がり=肩が上がってしまうので、

外側からアームスを上げていく時の肩甲骨の動き↑

ここで肩甲骨をポケットに
「しまったまま」アームスを上げる工夫が必要になります。

アン・オーに上げる時に肩が上がる人は、

一度、アンバーの時に小指側から
アームスを「すくうイメージ」で上げてみてください。

※肩甲骨はポケットに「しまったまま」で!

そうすると、肩甲骨の位置を
変えることなく上げることができると思います。

肩が上がりやすい人は、

小指側からアームスをすくわず、
手のひら側を正面に向けたまま上げてしまうと、

肩甲骨は外側に逃げてしまう(肩が上がる)ので、

小指側からすくうイメージが持てると、
肩を上げない感覚を掴むことができると思います。

もちろん、振り付けの中で
アラセゴンドからアームスを上げることもあると思いますので、

この上げ方は、
全ての動きに通用するわけではありませんが、

一度、肩を上げない感覚を自分で習得できると、

応用が効くと思いますので、
アンオーで肩が上がる人は参考にされてみてください。

バレエ上達のための無料メルマガ(30日間講座)配信中↓